不動産再投資の実践


『損益通算の持続で利益の繰り延べを図るー禁断症状の解消策』
微量で激しい鎮痛、麻酔作用を持ち、習慣性を生じやすいモルヒネ・コカイン・アヘン・タイマ等の麻薬事件のことが、時折新聞誌上を賑わせてくれる。これら麻薬を乱用すると各種の異常な身体症状、精神症状を現出させ、麻薬がきれると苦悶、不快、幻覚等々、いわゆる禁断症状を感じ、再度麻薬の使用を行いたい欲求を押さえ難くなるという。賃貸投資用不動産への一投石も同様である。年次毎に不動産所得の赤字部分は漸減し、ついには七年次に不動産所得の課税前利益が発生してしまうのである。この際の対処法は麻薬中毒と同じに考えれば簡単なことである。禁断症状がでないうちにこの手合いの投資用不動産をまた一つ同じような条件で購入していけばよいのだ。仮に六年次でそれを実行なるとしよう。最初の投資実践から六年間は毎年還付される還付金と日常のゆとり資金を有利な金融商品、金融類似商品に投資して、第二の不動産投資のための「種銭」づくりにいそしむのである。その結果五年次の期末に当初の賃貸投資用マンションと同じものを同じ条件で再投資したとすると、連結された二つの事業用資産の事業収支はどう変化してくるであろうか。

お金

合計八八万一千円のマイナス不動産所得が再生され、この年も過分な国税還付金を享受できるのである。このようにして投資した一投石は一波を産み、一波が動けば万波が生じてくる自己増殖活動が始動するのである。賃貸投資用不動産を保有する目的は一般に三つあるといわれている。その一つは当面の本業の所得に対する苛政を和らげ、年収増、税負担減を狙うタックス・マネジメントである。この目的に対しては「損益通算」の実践で既にその成果をあげてきた。しかしそのご利益も五年次で「風前の灯」である。二つ目は投資物件から相応の賃料収入を得て生活の糧にしたいという安定収益の確保である。この志向が強い場合には損益計算で不動産所得が黒字化するのは極めて好ましいことで、この投資の推移どおり放置しておけばその目的は達せられようが資産拡大形成の観点からいえば、あまり発展性はのぞめない。三つ目は将来のキャピタル・ゲインを狙う潜在資産価値の増大である。この含み益を何時の日か極限まで膨らませ、一挙実現利益として顕在化させて資産を飛躍的に増幅させていく日を待つのである。これらの目的はそれぞれ縦割りに切断させ実践していては効果が少ない。

これらの目的を投資スタンスのなかに常に複合的に構築させていくことである。五年次までの不動産所得の赤字の推移は別図のとおりである。ここに第二の投資用をみつけ出し、再投資していくとそのとおりにいくとその損益事業収支はどう変化してくるであろうか。つまり第一の投資用不動産と第二の投資用不動産の連結決算である。六年次に不動産再投資を行うことによりさらに大きな不動産所得の赤字部分が増大し、損益通算が持続され、苛政を和らげてくれることになる。二、不動産再投資による損益通算の仕組み「土地持ち」の有産階級にも応用でき纐益通算展開論第一の投資用不動産の課税前益が転換するタイミングを捉えて、第二の投資用不動産に再投資していく資産拡大形成の展開篇がご理解願えたことであろう。複数の投資用不動産のそれぞれの損益を連結し、本来の生業の所得たる給与所得とさらに損益通算第一の投資用不動産の黒字転換の結果、危うく高所得・高負担の因果関係に巻き込まれるところを、第二の投資用不動産への再投資によりその効果を相殺させ、さらに年収増・税負担減のミラクルを実現させていくのである。

この論理は、「土地持ち」の有産階級の人たちにも応用できるのである。相続税対策をも含めて、まずは手持ちの遊休土地の有効利用を図ることである。その際の投資のフォーメションは、基本的にサラリーマンが実践した第一の投資用不動産への投資の一投石のスタンスと同じである。もともとご先祖様が残してくれた貴重で高価な土地を保有しているのだから、年間賃料収入に見合う借入金限度額は相当多額に設定していっても問題がない。その土地の立地によっては有効利用を図るための建築工事費の全額を借入金により調達してもキャッシュ・フローは健全な場合が多い。そして借入金の元利償還額のうち利子相当額を経費化し、観念的経費たる減価償却費をも経費計上しても、投資実践後数年にして課税前利益はプラス転換してしまうはずである。

家模型

その場合の対処法はサラリーマンの不動産財テク実践と同じで、さらなる不動産再投資を行えばよい。手持ちの他の遊休土地がその時点でもあるならその土地の有効活用を図ればよい。それがないなら流通市場からサラリーマンの場合と同様、相応の賃料収入(インカム・ゲイン)を収授でき、将来売却益(キャピタル・ゲイン)を産んでくれそうな賃貸投資用不動産を購入していくことである。もともと手持ちの土地のある有産階級の場合、課税不動産所得がプラス転換をするとその金額のグロスが極めて大きくなって「所得課税」の原理・原則に巻き込まれ苛斂誅求される度合いが大きくなることが多い。この場合、即効性のある再投資策はないものだろうか。それが「レパリッジ・リース」といわれる投資術なのだ。

住みたい街ランキングで毎回上位にランクインしている世田谷区。その理由を少しだけ調べることにしました。
高級住宅地としても知られている世田谷区で,新築一戸建てを建てることが一つのステータスになっているみたいなんです。芸能人の方も一戸建てを構えていることで有名なんですよ。また,子育て支援サービスも充実しているから,子育て中の方々にも高く評価されているエリアなんです。23区唯一の渓谷「等々力渓谷」や「上野毛自然公園」など緑豊かでもあるのが魅力なんです。
交通の面では多くの鉄道路線が走っていて,路線バスも多く走っているので通勤や通学にも困ることがありません。高級住宅地のイメージが強い世田谷区ではあるのですが,比較的リーズナブルな物件もあります。そのため世田谷区で新築一戸建てを購入するかたも増えています。

兵庫県に引っ越して5年が経ちました。当初はお金もないので,会社のある西宮よりも家賃の安い郊外の市で家を探していました。しかし調べてみると西宮でも同じくらいの家賃で住めることを知り,西宮に住む事にしました。今住んでいる家から会社までは自転車で20分ほどです。電車で毎日満員電車の中通勤するよりも,健康面でも精神面でも健康的です。また,神戸にも大阪にも電車で20分ほどで行けるので休日出かけるときも非常に便利です。最近は仕事も落ち着いて,貯金も貯まってきたのでそろそろマイホームを購入しようと考えています。夜な夜なインターネットで中古や新築など様々な不動産情報を検索することが最近の楽しみになっています。西宮の不動産をもっと調べてみようと思います。

今私は杉並区で生活を送っています。もうそろそろ親が高齢ということもあり杉並区で有料老人ホームを探しています。
やっぱり自分が住んでいるところから近いところの有料老人ホームなら何かあってもすぐに駆けつけることができるから安心できますしね。
川も流れているため自然豊かなエリアでもあるから杉並区なら親も安心して生活を送ることができそうです!