損益通算の税理


『-「所得課税」からの脱却の実践―』
高所得という「原因」に対しては、高負担という「結果」をもたらす因果関係になっている現代日本の税制の仕組みから抜け出す理論づけが「損益通算」だと説いたが、その実践論を考察していこう。「不動産財テク事始め」で年収増・税負担減の・ミラクルを実現させてくれる税理が実は「損益通算」なのである。投資した元本が産んでくれる運用収益(インカム・ゲイン)である「不動産所得」は、その年中の賃貸収入金額と必要経費とを対比して算出されるが、この場合常に収入金額が所得計算上大きいとは限らない。その場合は先ず不動産所得の区分内で、総合合算し、計算していくのである。

家模型

例えば複数の賃貸投資用不動産を保有していると仮定しよう。この作業が「損益通算」といわれるものである。損益通算を行う方法と順序は税法に法定されている。詳しくは第三次通算まであるのだが、事例の五人の投資家のようなサラリーマンと関係してくる損益通算は、一応最上段の経常所得のグループ内での損益通算のみ知っておけば充分であろう。例えばAさんが新規の賃貸用投資不動産を購入したのに、何故その投資の結果が税務計算上マイナス所得になるかについては、初年度の事業収支の検討すれば理解が深まろう。経常的必要経費は四五万円で、賃料総収入一四七万円と充分バランスしているのだが、借入金の支払利息の八四万円と減価減価償却費九三万円が経費計上されるため、七五万円強のマイナス所得が算出されているのである。

お金

このうち支払利息は実態上は店子が賃料という形で支払ってくれているのにAさん自身の経費となっている。次の減価償却費は実態上支出を伴なう経費ではない観念的経費なのである。この結果、事例の投資では、その投資自体マイナス所得が発生し、損益通算の税理にしたがい、Aさんの給与所得と合算して総合課税される結果、年収増・税負担減のミラクルが生じているのである。年収格差の少ない現在、資産形成に人一倍の加速をつけるには、(1)他人の力を利用し、自己の資産形成に寄与させる。(2)観念的経費を計上しつつ、税負担の減少を図る。(3)損益通算を行いつつ、投資物件の潜在資産価値の増大を図ることが要諦であろう。


関西で引越しを検討中の方は奈良を検討してみてはどうでしょうか?
奈良県は落ち着いた雰囲気で住みやすいと評判です。とくにおすすめが奈良県生駒市です。 生駒市はなら県民が選ぶ住みたい街ランキング一位に輝きました。生駒市は大阪市と奈良市のベッドタウンとして栄え,大阪都市圏中心部への通勤率は県内でもトップです。
現在注目のエリアです。そのため駅周辺には単身向けの物件が多いのですが,最近では街の住みやすさから家族で引っ越す方も多く,奈良の一戸建て奈良の一戸建て生駒山地や矢田丘陵と緑も豊かなので,のびのびと子育てができますよ。交通アクセスの良さから,休日には県外へプチ旅行をする方も多いそうです。ぜひ家族で引っ越す方は奈良県生駒市を調べてみて下さい。

「北摂」という名称を聞いたことがある人は少ないのではないでしょうか。北摂は,摂津国北部に由来する地域名称で,現在の大阪府北部を指していることが多いです。
大阪府の淀川以北で,具体的にあげると,豊中区,高槻市や東西淀川区がなどが北摂エリアとなっています。区名を具体的にいうとなんとなくわかってきますよね。
北摂は,交通インフラが整備されていて,南側には伊丹空港,東海道・山陽新幹線,名神高速道路,中国自動車道,阪神高速道路という交通のメインになる設備が整備されているから,交通の利便性は高いと言うことができます。
空港や新幹線が多いからなのでしょうか,北摂エリアにには転勤族が多くすんでいます。そのため、北摂エリアには様々な不動産情報が揃っているのです。
もし今から大阪に転勤が決まったという方がいましたら、ぜひ北摂エリアの不動産情報について確認しませんか?

一戸建ての購入って生きていく内で,何度も買い換えるなんてことがない大きな買い物ですよね。そんな大きい買い物で失敗する人が意外と多いってご存知でしたか?もしあなたがこれから,住宅購入を考えているのでしたら,これから紹介することについて注意して,住宅購入を進めていってください。
まず,やっぱり一戸建てというのは,長期的視野を考えて探すことが大切なんです。すぐに引越すこともなく何十年も生活していくと思うので,一戸建てを構える地域は本当に自分達にあった地域なのかについて調べる事が必要になってきます。
たとえば,会社までの道のりが遠いところだと,通勤が苦痛に感じるかと思いますし,近くにスーパーなどがない時ですと,普段の買い物が億劫となることもあるでしょう。
そうならないためにも,長期的に自分が住む地域のことについて調べておきませんか。
また,一番大事なのが,不動産会社選びとなってくるので,住宅購入を信頼して任せることができると思うまで,色々な不動産会社を訪ねてみるというのも一つの手ですよ!